2007年04月28日

クセ毛のタイプ

今日はこんなお話。

そろそろ梅雨が近づいて、クセ毛の方は縮毛矯正をかけようか考える時期になっていると思います。

クセ毛には大きく分けると2種類の特徴があります。

一つは空気が湿ってくる(湿度が高くなる)とクセが出てくるタイプ。

もう一つは空気が乾燥する(湿度が低くなる)とクセが出てくるタイプです。

どうしてこのようなタイプに分かれるのでしょうか?

それはクセ毛を形成している2つの結合、つまりシスチン結合
水素結合に関係があります。

湿度が高い時にクセが出るのはシスチン結合の強いタイプ。

湿度が低い時にクセが出るのは水素結合の強いタイプ。

といった感じになります。

梅雨時にクセが出る方はシスチン結合が強いタイプになりますね。

湿度が高い時に水素結合の影響力が減少し、シスチン結合の影響が高まるのです。

湿度が低い時に出るクセの方はこれの逆になりますね。


スタイリング剤など使用する場合は、ご自分のタイプを理解して使用すると、セットがラクになるはずです。

たとえば、梅雨にクセが出るタイプの方は、水溶性の高い物を使用するとクセが出てしまいます。ですので、ワックスとかセッティングスプレーなど、水溶性の低い物が向いていると言えるでしょう。


質問、ご意見ありましたら、コメントにお願いします。



posted by ヒエピタシート at 10:19| Comment(2) | TrackBack(1) | クセ毛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

ちょっとしたグチ・・・(ジジイの傾向?)

よくお客様と話をしていると・・

「私、髪が硬くて量が多くて太いんですよ。」

と言う方は非常に多いのですけど、確かにお客様が言ったとおりの方も、もちろんいるのですが・・・

正直に言うと、このセリフを言った人の中で、本当に髪が太くて量が多くて硬い人は半分にも満たない感じです。

用は思い込みをしている方がかなり多いのです。

そんな時は「全体から見るとそれほど髪が多くて硬い感じじゃないですよ?」と、軽く言ってみます。

しかし「私は生まれてからこの髪と格闘して生きてきたから、髪が太くて硬くて多いことは自分でよくわかってます!」

な〜んて言い返されてしまう・・・

きっと、パッっと見てちょっと触っただけであなたに私の髪の何がわかるのよ?

と思ってるに違いない返し言葉をくらう。

いやはや、どうにもなりませんよね・・・

そんなお客様にはそれ以上何を言っても聞いてはくれないでしょうし、接客の雰囲気がマズくなるのでその場ではあまりつっこみません。

ある程度仲良くなって、私を信用してくださるまでは、その先の説明は封印します。

私も美容師暦15年目を迎えました。

きっとスタイリングしたお客様の数は数千人はくだらないでしょう。

勤めは、横浜、銀座、新宿、そしてアメリカまで留学しました。

毎日髪についての勉強は今でもそこそこやっていますし、そろそろ一発で信用されたいものです・・・





posted by ヒエピタシート at 21:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

パーマとコテ

さてさて、ちょっと更新サボッってました^^;;

今日はこんなお話です。

最近ではコテでクルクル巻いて「エビちゃんヘアー」やら「名古屋巻き」やらが定番な感じですね。

で、よくお客様から質問があるのが、

「コテで巻くの面倒だから、大きいカールのパーマかけようと思うのですが・・・」

と、よく相談を受けます。

確かにそう考えちゃいますよね〜

しかし、厳密に言うとコテで巻いた仕上がりとパーマとでは感じが違ってきます

ですので考え方としては、ゆるいパーマをかける事によってコテで巻いた時に巻きやすくするためと、巻いたカールが落ちにくくするため、と考える方が妥当でしょう。

キレイなお姉さんになるためには、ラクしてはいけないのです><;;


posted by ヒエピタシート at 09:38| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

ワックスの選び方

さて、今日もお客様からの質問が多いお話です。

ワックスについて・・・

髪の長さやスタイルによって何を使ったらいいか分からない方も多いと思います。

今回は色々あるワックスの代表的な物をちょっと紹介します。


グロス系ワックス

ツヤが出るワックスです。
パサつく髪やボリュームを押さえたい方にオススメです。
整髪力はほとんどありません。
つけすぎるとベタつくこともあるので注意。


ファイバー系ワックス

文字通りファイバー状(糸状)に伸びます。
整髪力は段階的に分けられているものが多いようです。
ソフトとかハードとか・・・
繊維質なので髪に絡まり、整髪力が生まれます。
また、グロスタイプと違いツヤは出ません。
むしろツヤ消しですね。
髪にボリュームを出したい方にオススメです。


スプレーワックス

これは、整髪力を生み出すタイプから、ツヤを出すタイプまで様々あるようです。
全体的にまんべんなく振り掛けるように心がけましょう。
表面ばかりついてしまって、内部にまったくかからない事がよくあるようですので、注意しましょう。


クリームワックス

用途としては髪を落ち着かせるとか、ボリュームを抑えるタイプです。
グロスワックスほどはツヤ感はでません。
ヘアークリーム的に使うと良いでしょう。
しっとり、しなやかな質感に仕上がります。


大体こんな感じでしょうか?
また、分からない事がありましたら質問でどうぞ^^

posted by ヒエピタシート at 11:30| Comment(6) | TrackBack(0) | ワックスの選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

洗い流さないトリートメントの使い方

最近よく、洗い流さないタイプのトリートメントが流行しているようです。

しかし、お客様から「ドラッグストアーに行くといっぱい種類があって、何を買ったらいいのか解らない」

と言う質問が多いので、今日はその事についてすこしお話します。

タイプ別にいきますよー

オイルタイプ

中身は透明でドロッっとした感じが特徴のトリートメントです。
少量で価格が高いですね^^;;
髪につけるとツヤ感が増し、すこし重たいイメージに仕上がります。
類似したものというと、つばき油とか似てますね〜
髪のボリュームが出てしょうがないという方向きですね。

スプレータイプ

トリートメントをミスト状にして全体にかけるタイプです。
中身はトリートメントと言うより、タンパク質やPPTなどが入っているものが多いようです。
つるつるサラサラにするのではなく、痛んだ髪によく効くという感じです。
痛んだ所にピンポイントでスプレーすると良いでしょう。

乳液タイプ

お顔のお手入れに使う乳液と酷似した白い液状のタイプ。
水性ですので髪の内部まで浸透しやすく、万能タイプといえるでしょう。
オイルタイプと違い、ツヤ感はさほど望めませんが、痛んだ髪には効力があります。
水性ですので髪が濡れた状態の時に塗ると、浸透圧の原理で髪の内部まで入り込みます。

大きく分けるとこの3タイプが支流のようです。

※私の使用感での意見ですので、お買い求めの際には担当スタイリスト様と相談の上でお願いします。

posted by ヒエピタシート at 01:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 洗い流さないトリートメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

スタイル注文のコツ

ヘアースタイルを注文する時、どう説明したら良いかわからない・・

結局「いつもの通りで」なんて、言っちゃったりしませんか?

そんな時は自分のイメージに近い写真を持っていくと良いでしょう。

そんな写真なんて持っていっても、顔も違うし芸能人やモデルみたいになれる訳ないでしょう?

と、思う方もいるかと思います。

我々は写真を見る時、べつに完璧に同じヘアースタイルにする気持ちでその写真を見ている訳ではないのです。

まずは、その写真の雰囲気をつかみます。

雰囲気さえ外さなければ、満足していただける確率が高くなるからです。

その次にお客様の髪質、骨格、毛量、ダメージなど総合的に判断した上で、どのくらい似た感じになるか考えます。

そして、どうすれば似たイメージになり易いか説明します。

よく写真を持って言ったら、「あなたの髪では無理です」
なんて直接言われてしまったことがある、なんて事も聞いたこともあります。

髪の長さが足りないとか、ダメージが相当あるとか理由があるならそれは「無理」で、正解です。

ただ、そうではないのでしたら「無理」なんて言うスタイリストがいたら、自分のスキルの無さを暴露しているようなものです。

もしくは、出来るのだけれど面倒だからやらないとか・・

写真を持っていく意味としては、まったく同じスタイルにしてほしいのではなく、同じ雰囲気を出してほしいといった意味で持っていくと良いでしょう。

きっとそのスタイルに近く、そして雰囲気が出せるように施術&アドバイスがもらえるはずです。

我々スタイリストでも、口頭で説明されるより

「百聞は一見にしかず」なのです。
posted by ヒエピタシート at 15:05| Comment(2) | TrackBack(0) | スタイル注文のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

美容師を諦める時・・

最近は美容師も人気な職業らしいですね。

大型店で働いていた頃、当然毎年新人クンが入店してきます。

で、最初はシャンプーから始まるのですけど、中には手が相当荒れてしまう人もいます。

最初は手のひらから、だんだん上に広がっていって、ひどい人になると肩の近くまで荒れてしまいます。

手で髪を洗っているのに、なんで肩まで??

と、思う方も多いとおもいますが、これは事実です。

でもって、ドクターストップ!!

せっかくこの仕事を選んで働いていこうと思っていたのに可愛そうですよね〜・・

私の感覚では20人に1人くらいは、そんな人がいたりします。

特に女の子だと、もう見ていられない感じですよ・・

私は幸いそのタイプではなかったので仕事を続けられていますが。

え? 

手荒れて他の職業に移ったほうが良かったんじゃないかって?

言わないでくれ〜〜!
posted by ヒエピタシート at 09:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

イオンドライヤーの正しい使い方

今日はイオンドライヤーについてのお話です。

最近はご家庭でもイオンドライヤーを使われている方が、かなり多くなってきました。

ちょっとしたクセ毛や、乾燥して静電気バチバチな方には効果が出ているはずです。

しかし、お客様からよく質問される事はというと・・・・

「イオンドライヤー買ったんだけど、あんまり効いてるかどうかわかんないね・・」

なんてよく言われてしまいます。

実は大半の方が使い方がちょっと間違っているのです。

ほとんどの方は、風量を強にして髪を乾かしたり、ブローしたりしてそれで終了です。

それでは実はあまり効果が得られません。

強風で乾かした後に、弱風で髪に風を塗るような感覚で風をあててみてください。

なぜその様な事をするのかというと、強風ではせっかっくドライヤーから出たイオンが、ドライヤーの風量が強いために、髪に付着する前に飛んでいってしまうからなのです。

なので、必ず最後に弱風をあてるクセをつけてくださいね^^
posted by ヒエピタシート at 20:51| Comment(2) | TrackBack(0) | イオンドライヤーについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

CMや雑誌の気になる言葉

シャンプーや化粧品のCMなどで、訳の分からない言葉ってよくありますよね。

今回はそういった言葉の中で比較的頻繁に出てくる言葉の意味をいくつかご紹介しましょう。

PPT
ポリペプタイドの略。アミノ酸の集合体の意味
トリートメントなどによく入ってますよね。

代表的な内容成分たんぱく質は、ケラチン、コラーゲン、小麦、大豆など。

モイスチャー

水分、水分量の意味。
化粧品など、保湿効果のある商品によく書いてあったりします。

代表的な保湿剤には、セラミド、ヒアルロン酸などがあります

コラーゲン

アミノ酸が複数結合したたんぱく質の一種。
細胞と細胞を繋ぎ止める働きがあります。

ヒトの体の実に3割を占めているので、重要なたんぱく質ですよね。

ヒアルロン酸

非常に保水量の多いムコ多糖類の一種。
目の、関節、皮膚などに多く存在します。

保湿効果が狙えますので、基礎化粧品などに言葉がつかわれてますよね。

ま、今日はここまででwww
posted by ヒエピタシート at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

美容院の昼休み

土日などは仕事が忙しいので、よくお客様に「昼ご飯とかっていつ食べてるの??」なんて聞かれたりします。

自分の予約をぎっちりつめたりお昼休憩を取っていたとしても、お昼の前のお客様が長引いてしまったら、お昼ご飯はおあずけ状態になります><;;

パーマや、カラーの放置時間でパッっと食べてしまうのが一番ですね〜。

お昼ご飯や休憩はスタッフルームでするのですが、大体のお店は店舗部分を広く使いたいために、スタッフルームはとっても狭く出来ています。

なので、スタッフルームが狭いお店に勤務していた時は、洗濯機がテーブルのかわりだったり、ひどい時はトイレで食事な〜んて時もありましたw

美容師は太っている人があまり多くいませんが、おそらくこんな理由で太れないのでしょうか?w

posted by ヒエピタシート at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。