2007年04月08日

CMや雑誌の気になる言葉

シャンプーや化粧品のCMなどで、訳の分からない言葉ってよくありますよね。

今回はそういった言葉の中で比較的頻繁に出てくる言葉の意味をいくつかご紹介しましょう。

PPT
ポリペプタイドの略。アミノ酸の集合体の意味
トリートメントなどによく入ってますよね。

代表的な内容成分たんぱく質は、ケラチン、コラーゲン、小麦、大豆など。

モイスチャー

水分、水分量の意味。
化粧品など、保湿効果のある商品によく書いてあったりします。

代表的な保湿剤には、セラミド、ヒアルロン酸などがあります

コラーゲン

アミノ酸が複数結合したたんぱく質の一種。
細胞と細胞を繋ぎ止める働きがあります。

ヒトの体の実に3割を占めているので、重要なたんぱく質ですよね。

ヒアルロン酸

非常に保水量の多いムコ多糖類の一種。
目の、関節、皮膚などに多く存在します。

保湿効果が狙えますので、基礎化粧品などに言葉がつかわれてますよね。

ま、今日はここまででwww
posted by ヒエピタシート at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

ヘアー雑誌の用語

最近のファッション誌やヘアースタイルブックなどには、ちょっと知らない言葉や、訳のわからない横文字が多く出てきます。

正直、私も理解不能な言葉も結構出てきます。

今日はヘアースタイル(服飾にも共通だとおもいますが)に関するトレンド用語を私の知っているものを適当に説明してみますので、参考にしてみてください^^

ちなみにあっているかどうか解らないので、詳しくは個々に調べてくださいw

エスニック
民族、民族的な

ロマンティック
かわいい、かわいい

エレガント
上品な、優雅な

ソフィスティケイト
都会的、洗練された

モダン都会的、近代的な

マニッシュ
男性的、自立する人、男っぽい

アティブ
明るい人、活動的

カントリー
自由な、田舎な

アバンギャルド
先進的な

コンサバティブ
保守的な


にほんブログ村 ファッションブログへ
posted by ヒエピタシート at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

美容用語のあれこれ(スタイル編)

今回はスタイルの種類についてお話しましょう。スタイル雑誌などでは、勝手に作った造語っぽいスタイル用語もありますが、ここでは基本的な種類を紹介します。


ワンレングス
文字通り1つの長さという意味。長い髪を後ろで一直線にまっすぐ切ったスタイルを想像するとわかり易いと思います。

ボブスタイル
元は「断髪する」の意味。一般的にはワンレングスのショートとして知られています。歴史上ではフランスの革命家ジャンヌダルクがこのスタイルをして有名。様々なバリエーションが存在して、グラデーションボブやレイヤーボブなどがある。

ポニーテール
子馬の尻尾の意味。ロングヘアーを一つに束ねたスタイル。

ツインテール
ポニーテールを左右に二つ束ねたスタイル。

サーファーカット
サーフィンを趣味で行う人が多くするスタイル。元々は、サーフィンに熱中するあまりに仕事をしない人が、カット代がなくて仲間で髪を切りあったザンギリスタイルの事を言うらしい。

ウルフカット
トップの長さを短くし、レイヤーをかなり多く入れたスタイル。ロックミュージシャンなどに多く見られる。

アシンメトリースタイル
左右の長さが違うスタイルの意味。格好悪いと思われた時点でアンバランスと言われるきわどいスタイル。

レイヤースタイル
下にいくほど毛が長くなるスタイル。一般的には「段カット」と呼んだりする。

シャギースタイル
鳥の羽のようなという意味。shagでジグザグにするという意味でも使う場合があるようですが、一般的には毛先を軽くするスタイルとして使う。

グラデーションスタイル
レイヤーのように段を入れると言う意味では同じですが、段の幅を非常に小さく入れたスタイル。代表的な物にグラデーションボブなどがある。
posted by ヒエピタシート at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

カット用語のあれこれ

最近のファッション雑誌では、よく美容師が実際に使うカットの用語を頻繁に目にします。お客様から「○○カットでお願いします」と、よく言われたりするのですが、本当の意味を理解している方は少ないと思います。

ですので、今回はカット用語についてちょっとお話します。

レイヤーカット
頭の上の方から下の方に段をつけるカット。上の長さが下の長さより極端に短い場合はハイレイヤーともいいます。

エフェクトカット
ヘアースタイルの微調整に使われるカットテクニック。髪がハーフドライ(もしくはドライ)の状態のときに持ち上げて内側を少しづつ削るカット。

ストロークカット
毛束をつまみ、根元に向かってハサミを滑らすように切るテクニック。毛量調整などで頻繁に使います。毛束感ができ、スタイルに表情をつける事が可能です。

スライドカット
毛束をつまみ、根元から毛先に向けて切るテクニック。主に顔まわりのシャギーになる部分によく使います。

セニングカット
刃がギザギザのハサミで切る技法。毛量を素早く少なくできるメリットがある。ストロークカットと違い、スタイルに表情をつけるのではなく、単に毛量を少なくする場合に多く使われます。

エフェクトカット
スタイルの微調整に使われるカットテクニックの名称。髪がハーフドライの状態のときに持ち上げて少しずつ落としながらカットする。そうすることでランダムな長さになり、立体的になる。

チョップカット
カットラインを不規則にする技法。主におおまかなスタイルを作る時や、毛先の微調整まで用途は様々。

ドライカット
髪の毛が乾いた状態でカットする事。仕上がりのイメージがそのまま出ることから、仕上げのカットでよく使います。

ブラントカット
ハサミを髪の毛に対して垂直に入れて切る技法。簡単にいえば、ワンレングスですね。最近はあまり使われなくなりました。

レザーカット
剃刀で切るカットの技法。ストロークカットやチョップカットよりも、仕上がりがフワフワなイメージになる。ただし、毛先が極端に傷むデメリットもあり、最近は部分的に使用する事が多い。
posted by ヒエピタシート at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。