2007年03月29日

リンスとトリートメントの違い

意外と知られていない事と言いますか、よく聞かれる質問なのでちょっと書いてみました。

リンスは髪の感触を良くするのが目的です。シャンプーによって失われた油分を補い、髪の毛を柔らかくしなやかにします。髪の毛のもつれをほぐし、なめらかにして櫛やブラシの通りを良くする効果もあります。また髪の表面に皮膜を作ることで、キューティクルの損傷を防いだり、静電気の発生を抑えることもできます。

トリートメントも髪をなめらかにしたり静電気の発生を防ぐという力はリンスと同様ですが、大きく異なるのは、トリートメント成分を髪に浸透させ、痛んだ髪の毛を健康な髪の毛に近づける働きがあることです。浸透した成分は髪の毛を内側から強化して、枝毛や切れ毛を防いだり、髪のうるおいを保つ働きをします。

したがって、健康毛の場合はリンスだけでもよいのですが、ダメージ毛やパーマやカラーで負担をかけている髪にはトリートメントが必要になってくるわけです。

リンスは髪の表面にのみはたらきます。主成分であるカオチン性界面活性剤や油剤が髪の表面について、薄い幕のように髪の毛を覆い、毛髪をなめらかにします。トリートメントは表面につくだけでなく、髪の毛の中に入り込んで、髪の内部と表面の両方からはたらきかけるということです。

どうでしょうか?

これであなたの髪にあったリンス、トリートメントを探しやすくなったかとおもいます。



とはいえ、リンスとトリートメントの明確に分ける決まりごとは一切ないので、販売しているメーカーが「これはトリートメントです」といって販売すれば、トリートメントになってしまうのが実状です。参考までにこのような感じで捕らえると買いやすいでしょう。

リンス<コンディショナー<トリートメント

左はノンダメージの方、右はハードダメージの方です。


にほんブログ村 ファッションブログへ


posted by ヒエピタシート at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | リンスとトリートメントの違いは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。