2007年05月18日

上手な美容師は技術半分、話半分

以前勤めていたお店の後輩が、

「指名のお客様をたくさん作るためにはどうしたら良いか?」

という、とっても漠然とした質問を受けました。

うーん・・・・・

以前勤めていたお店は、技術の勉強はかなりしっかりとするお店でしたので、きっと技術的な答えは望んでいないだろうな〜っと言う事で・・・

うまく話すコツをすこしアドバイスしました。

私がまだスタイリストデビューしたばかりの頃、いかにして未熟なスタイリストに見えない様にするか研究したものです。

例えば鏡の前に立って、カットしている自分の姿をチェックして、かっこよく切っている様に見えるには姿勢はどうしたらいいかとか・・

櫛を持ち替える時、クルッっと回して持ち替えるほうがカッコイイとか・・・

まぁ、今となってはお恥ずかしい話です。


美容院は接客業の中でも、1人のお客様に対して接する時間がとっても長い仕事です。

なので、当然話術が上手な方が有利になるので、技術半分、話半分という事になります。

中には(特におばあちゃん)カットよりもお話がしたくてご来店されるお客様も珍しくありません。

いわばホスト的?要素が必要になります。

女性スタイリストでしたら、かわいい格好をしておけばアイドル並みのファンができるかも?しれませんね・・・

男性でしたらコミカル路線かガクトみたいにクールにいくか・・・

ちなみに私は完全にコミカルな路線ですが何か?w


posted by ヒエピタシート at 17:11| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

髪を梳く

よく髪が伸びてくると、前髪くらい少し自分でカットしてちょっと美容院に行くのを我慢しようかな〜なんて、考えたりしませんか?

で、東急ハンズやらで梳きバサミ買ってきて、自分で前髪をちょっとカットしている人も多いと思います。

今日は「梳きバサミ」についてお話しましょう。


梳きバサミは、1回で切れる量がそれぞれ違います。

同じ場所で何回もガシャガシャ切ってもそれほど切れない物から、3〜4回同じ場所で切るとすべて切れてしまう物まで様々です。

一般的に家庭用として販売されている梳きバサミは、1回で梳ける量は大体20%〜40%くらいです。

仮に30%のハサミだった場合、1回切ると3割切れて7割残る・・といった具合になります。

私は仕事では梳きバサミを4種類使い分けています。

内訳は、7%(微調整用)30%(毛量調整用)40%(これも毛量調整用)65%(ランダムカット用)です。

このように1回で切れる量が違いますので、ご自分用に購入する時は%に気をつけましょう。

おそらく30%くらいが使い勝手がいいと思います。

前髪カットの注意点ですが、いくら梳きバサミだからといってカットするハサミを平行にいれないでくださいね。

切った後がついてしまいます。

ですのでハサミはあくまでナナメに入れてみてください。

ちなみにプロの使うハサミは切れ味が家庭用の物とは比べ物にならないくらい鋭いです。

家庭用はあくまで簡易的な物なので切れ味が悪く、1回に切る毛束が多いとかんで切れません。

ですので、髪が非常に傷みやすいのも確かです。

髪の痛みが心配な方はお時間を作って美容室に行かれる事をオススメします。

posted by ヒエピタシート at 01:30| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

髪の毛の伸びるスピード

よく、「私、髪の毛が伸びるの早いんですよね」

と言うお客様がいます。

確かに個人差があり、一ヶ月で約0.8〜1.5cmくらい伸びます。

「一ヶ月に2cmくらいは伸びるんです・・・」

な〜んて言われても、それはとてもじゃないけどありえない話ですね。

それはあくまで個人の感覚的なもので、一ヶ月で2cmは絶対に伸びません。

実際そんなに早いスピードで伸びたら、我々はだいぶ儲けられます(笑)

しかし、実際にお客様が2cmくらい伸びると言ったらあえて否定はしません。

早く伸びると思ってもらったほうが、来店サイクルが早くなりますし、ものすごく間違っている話でもないので・・・

これが、「私、一ヶ月で5cmくらいのびます」

なんて言われたら、それはツッコミをいれますけどね^^;

それと、これはちょっと注意してもらいたい事なのですが、髪の毛の長い方、もしくは短くても仕事の都合上どうしても1つに結わいたり、まとめたりする方。

毎日きつく結わくと、髪の毛の伸びが強制的に速くなります。

引っ張られるので早くなるのです。

しかし、毛根にかなりの負担がかかってくるので、やがて抜け毛やクセ毛になる確率がかなり高くなってしまいます。

ですので、必要な時以外は、あまり結わかないほうが良いようです。

さてさて、ご意見質問まだまだ受付ております。

超マジメ?にお答えしますので、遠慮なくどうぞー。






posted by ヒエピタシート at 13:37| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

自分に似合うカラーリング

「自分にはどんなカラーリングが似合うの?」

そう考えても、どんなカラーが似合うか大体の方はわかりませんよね・・・

最近はカラーリングも多様化して、専門職が高くなってきています。

お店によってはカラーリストというスタッフを置いて、カラー専門で働いている人もいるくらいです。

では、カラーリングで似合わせるとはどんな方法があるのでしょうか?

一昔前までは、日本人の肌の色が黄色なので、その反対色の緑を入れると、髪の色が映えると言われていました。

しかし、今ではその考え方もなくなり、様々な色が使用されています。

では、タイプ別に説明していきましょう。

髪の量の多い方
アッシュ系(青色)もしくはマット系(緑色)がオススメです。
なぜかというと、赤みが消えて、髪の毛が軽い感じに仕上がります。

髪の量が少ない方
オレンジ系、もしくはレッド系がオススメです。
暖色の効果により、髪の量が多くみえます。

髪の毛に動きがほしい方
ウィービングで、二色塗りしましょう。
ベースの色に対して違う色を線のようにいれる事により、動きがあるように見せます。

小顔にみせたい方
顔まわり(フェースライン)のみ、全体より少し暗い色を入れましょう。
そうする事により、お顔がひきしまって見えます。

大体この4通りをうまく組み合わせる事で、似合わせは出来ると思います。

その他、髪の太さや髪のダメージ、お持ちになっている洋服の系統、ヘアースタイルの種類、ご本人が元々持っている雰囲気など・・・

それらを考慮したうえで、カラー選択していけばOKだと考えています。
posted by ヒエピタシート at 11:00| Comment(4) | TrackBack(0) | カラーについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

近況報告!

さて、ちょいと更新がおくれました。

ブログ自体には少し手をいれておりましたが、肝心の記事が更新していませんでした><;;

今回手を入れた箇所は・・・

RSS配信を強化しました。

右下の所に代表的なRSSリーダーのためのバナーを張ってみましたので、是非ご利用ください。

話は変わりますが、だんだんとクセ毛の方のご来店が増えてきてます。

もうすぐ梅雨時が近づいているのと、気温が暑くなってきましたからね〜。

ってことで、今回はこれで^^;;

まだまだ質問受付ております。

どんどん書き込み、もしくは質問待ってますね〜

質問の内容で難しい物は、返信ではなく、ブログで取り上げて詳しく説明したいと考えております。

ですので、宜しくです^^
posted by ヒエピタシート at 18:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

クセ毛のタイプ

今日はこんなお話。

そろそろ梅雨が近づいて、クセ毛の方は縮毛矯正をかけようか考える時期になっていると思います。

クセ毛には大きく分けると2種類の特徴があります。

一つは空気が湿ってくる(湿度が高くなる)とクセが出てくるタイプ。

もう一つは空気が乾燥する(湿度が低くなる)とクセが出てくるタイプです。

どうしてこのようなタイプに分かれるのでしょうか?

それはクセ毛を形成している2つの結合、つまりシスチン結合
水素結合に関係があります。

湿度が高い時にクセが出るのはシスチン結合の強いタイプ。

湿度が低い時にクセが出るのは水素結合の強いタイプ。

といった感じになります。

梅雨時にクセが出る方はシスチン結合が強いタイプになりますね。

湿度が高い時に水素結合の影響力が減少し、シスチン結合の影響が高まるのです。

湿度が低い時に出るクセの方はこれの逆になりますね。


スタイリング剤など使用する場合は、ご自分のタイプを理解して使用すると、セットがラクになるはずです。

たとえば、梅雨にクセが出るタイプの方は、水溶性の高い物を使用するとクセが出てしまいます。ですので、ワックスとかセッティングスプレーなど、水溶性の低い物が向いていると言えるでしょう。


質問、ご意見ありましたら、コメントにお願いします。

posted by ヒエピタシート at 10:19| Comment(2) | TrackBack(1) | クセ毛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

ちょっとしたグチ・・・(ジジイの傾向?)

よくお客様と話をしていると・・

「私、髪が硬くて量が多くて太いんですよ。」

と言う方は非常に多いのですけど、確かにお客様が言ったとおりの方も、もちろんいるのですが・・・

正直に言うと、このセリフを言った人の中で、本当に髪が太くて量が多くて硬い人は半分にも満たない感じです。

用は思い込みをしている方がかなり多いのです。

そんな時は「全体から見るとそれほど髪が多くて硬い感じじゃないですよ?」と、軽く言ってみます。

しかし「私は生まれてからこの髪と格闘して生きてきたから、髪が太くて硬くて多いことは自分でよくわかってます!」

な〜んて言い返されてしまう・・・

きっと、パッっと見てちょっと触っただけであなたに私の髪の何がわかるのよ?

と思ってるに違いない返し言葉をくらう。

いやはや、どうにもなりませんよね・・・

そんなお客様にはそれ以上何を言っても聞いてはくれないでしょうし、接客の雰囲気がマズくなるのでその場ではあまりつっこみません。

ある程度仲良くなって、私を信用してくださるまでは、その先の説明は封印します。

私も美容師暦15年目を迎えました。

きっとスタイリングしたお客様の数は数千人はくだらないでしょう。

勤めは、横浜、銀座、新宿、そしてアメリカまで留学しました。

毎日髪についての勉強は今でもそこそこやっていますし、そろそろ一発で信用されたいものです・・・





posted by ヒエピタシート at 21:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

パーマとコテ

さてさて、ちょっと更新サボッってました^^;;

今日はこんなお話です。

最近ではコテでクルクル巻いて「エビちゃんヘアー」やら「名古屋巻き」やらが定番な感じですね。

で、よくお客様から質問があるのが、

「コテで巻くの面倒だから、大きいカールのパーマかけようと思うのですが・・・」

と、よく相談を受けます。

確かにそう考えちゃいますよね〜

しかし、厳密に言うとコテで巻いた仕上がりとパーマとでは感じが違ってきます

ですので考え方としては、ゆるいパーマをかける事によってコテで巻いた時に巻きやすくするためと、巻いたカールが落ちにくくするため、と考える方が妥当でしょう。

キレイなお姉さんになるためには、ラクしてはいけないのです><;;


posted by ヒエピタシート at 09:38| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

ワックスの選び方

さて、今日もお客様からの質問が多いお話です。

ワックスについて・・・

髪の長さやスタイルによって何を使ったらいいか分からない方も多いと思います。

今回は色々あるワックスの代表的な物をちょっと紹介します。


グロス系ワックス

ツヤが出るワックスです。
パサつく髪やボリュームを押さえたい方にオススメです。
整髪力はほとんどありません。
つけすぎるとベタつくこともあるので注意。


ファイバー系ワックス

文字通りファイバー状(糸状)に伸びます。
整髪力は段階的に分けられているものが多いようです。
ソフトとかハードとか・・・
繊維質なので髪に絡まり、整髪力が生まれます。
また、グロスタイプと違いツヤは出ません。
むしろツヤ消しですね。
髪にボリュームを出したい方にオススメです。


スプレーワックス

これは、整髪力を生み出すタイプから、ツヤを出すタイプまで様々あるようです。
全体的にまんべんなく振り掛けるように心がけましょう。
表面ばかりついてしまって、内部にまったくかからない事がよくあるようですので、注意しましょう。


クリームワックス

用途としては髪を落ち着かせるとか、ボリュームを抑えるタイプです。
グロスワックスほどはツヤ感はでません。
ヘアークリーム的に使うと良いでしょう。
しっとり、しなやかな質感に仕上がります。


大体こんな感じでしょうか?
また、分からない事がありましたら質問でどうぞ^^

posted by ヒエピタシート at 11:30| Comment(6) | TrackBack(0) | ワックスの選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

洗い流さないトリートメントの使い方

最近よく、洗い流さないタイプのトリートメントが流行しているようです。

しかし、お客様から「ドラッグストアーに行くといっぱい種類があって、何を買ったらいいのか解らない」

と言う質問が多いので、今日はその事についてすこしお話します。

タイプ別にいきますよー

オイルタイプ

中身は透明でドロッっとした感じが特徴のトリートメントです。
少量で価格が高いですね^^;;
髪につけるとツヤ感が増し、すこし重たいイメージに仕上がります。
類似したものというと、つばき油とか似てますね〜
髪のボリュームが出てしょうがないという方向きですね。

スプレータイプ

トリートメントをミスト状にして全体にかけるタイプです。
中身はトリートメントと言うより、タンパク質やPPTなどが入っているものが多いようです。
つるつるサラサラにするのではなく、痛んだ髪によく効くという感じです。
痛んだ所にピンポイントでスプレーすると良いでしょう。

乳液タイプ

お顔のお手入れに使う乳液と酷似した白い液状のタイプ。
水性ですので髪の内部まで浸透しやすく、万能タイプといえるでしょう。
オイルタイプと違い、ツヤ感はさほど望めませんが、痛んだ髪には効力があります。
水性ですので髪が濡れた状態の時に塗ると、浸透圧の原理で髪の内部まで入り込みます。

大きく分けるとこの3タイプが支流のようです。

※私の使用感での意見ですので、お買い求めの際には担当スタイリスト様と相談の上でお願いします。

posted by ヒエピタシート at 01:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 洗い流さないトリートメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。